記事リスト

気持ち良く退去しよう

男女

仲介役を立てよう

貸事務所や賃貸住宅の契約を解消し、退却する際には自分で使用した家財を元に戻さなければなりません。壁や床に付いた傷や汚れを補修することを現状復帰と呼んでいます。借り主が負担する費用は、入居時に支払った敷金から相殺されます。敷金で賄いきれない現状復帰は、実費が掛かってしまいます。日頃から小まめに掃除をしておけば傷みは最小限に済みますが、壁に大きな穴を開けてしまったり、壁紙を張り替える行為は、退去するときの現状復帰を考慮して行いましょう。長年生活していると、無理をして壊したり故意に汚していなくても、経年変化とともに汚れや傷は付いてしまいます。そこで現状復帰の定義として、経年変化に伴う傷みは貸し主の負担と国土交通省がルールを定めています。賃貸物件を契約するときに交わした契約書にも記載があるので、経費の負担が掛かりすぎると感じたときには必ず確認し、納得がいかないときには仲介役に入ってもらいましょう。仲介役は現状復帰を行う業者に相談すると、賃貸住宅の貸し借りに詳しいスタッフが対応してくれます。どちらにも中立に対応してくれるのでトラブルになる前に依頼すると安心して退去できます。現状復帰施工業者では、家屋のさまざまな傷みを見落としなく修繕してくれます。また、費用の見積もりもまとめて出来るためにわかりやすく、効率良く直すことが出来ます。そこで経験した思い出の場所を、次の人にも気持ち良く譲りたいものです。

Copyright© 2018 賃貸の現状復帰工事をしてもらおう【注意点を事前にcheck】 All Rights Reserved.