記事リスト

室内

ルームクリーニング業者

資産運用として人気を集めている賃貸経営では、入居者が集まらず空室状態が続いてしまうと家賃収入が得られません。そのため、次の入居者にすぐ決めてもらうためにも現状復帰工事を行い、きれいな状態にしておくことが大切です。

男女

気持ち良く退去しよう

借り主と貸し主は賃貸物件契約の解消による退去があった場合、建具などをきれいにして次の人に使用してもらう現状復帰が必要になります。仲介役を立てることにより修繕費用の配分がわかりやすくなり、効率良く修繕することが出来ます。

リフォーム

賃貸住宅を現状に戻す

賃貸住宅の現状復帰工事は、状況によって工事の程度が異なってきますので、きちんと相談できる業者を選ぶことが大切です。どの程度の工事をすべきか、どのくらいの費用がかかるか、現状復帰工事の契約前にきっちりと決めることが重要です。

道具

スムーズな退去の強い味方

賃貸住宅の退去に伴う現状復帰の工事は、適正な価格でスピーディーな対応を行っている業者に依頼することが大切です。現状復帰の工事に特化した専門性の高い業者もあり、充実したサービス内容で多くの利用者たちに支持されています。

部屋

コスト削減の様々な方法

解体工事の情報サイトや、各地に拠点がある業者のサービスを活用するのが、オフィスや店舗の現状復帰工事を低コストで行うコツです。技術力にも優れた業者や、自社で廃棄物処理も行う業者を活用すると、作業後の仕上がりは更に美しくなるでしょう。

原状復帰工事の注意点

工具類

専門家の目で現地調査を

アパートやマンションなどの賃貸住宅や貸店舗・貸事務所などに入居する際には、退去時の原状回復または原状復帰に関する契約を交わすのが一般的です。この契約によって賃借人は、退去時に賃貸物件を入居前の状態に戻す義務を負うことになります。こうした義務のことを不動産用語・法律用語としては原状回復と呼ぶ一方、工事を行う建設業界では原状復帰と呼ぶケースが多い傾向も見られます。この原状復帰はしばしば現状復帰というように誤って表記される例も少なくありませんが、現状とは現在の状態を意味する言葉です。従って退去時に履行されるべき義務を現状復帰と表現するのは矛盾しており、元の状態に戻すという意味で原状復帰とするのが正しい表記方法です。転居や事務所・店舗の移転などで退去時の工事について不動産業者や工事業者にメール等で相談する際には、現状復帰ではなく原状復帰と書くようにするといいでしょう。原状復帰に関するもう1つの注意点としては、後々のトラブルを避けるためにも事前の現地調査をしっかりと行うという点が挙げられます。原状復帰に伴うトラブルの多くは賃貸物件のオーナー側と借主側の見解の違いに起因しており、事前調査を確実に実施していれば回避できるトラブルです。退去が決まったら一度は賃貸人と賃借人の双方が現地調査に立ち会い、原状回復工事を請け負う専門業者に修復のポイントを診断してもらうといいでしょう。プロの目で判定された修復ポイントなら双方にとって納得しやすく、現地調査の結果を文書にきちんと残しておけば工事費用も明確になります。原状復帰工事は賃貸物件のオーナー側や管理会社が発注するケースも少なくありませんが、借主側で費用面やサービス面で有利な業者を見つけて発注することは可能です。その際にも原状回復を現状復帰と間違えないようにするだけでなく、工事実績やアフターサポートといった点にも着目して業者を選ぶ視点が大切です。

Copyright© 2018 賃貸の現状復帰工事をしてもらおう【注意点を事前にcheck】 All Rights Reserved.